ホーム / PPCアフィリエイト / ヤフープロモーション広告 / スポンサードサーチ Ver.3 広告掲載方式の指定とは?

スポンサードサーチ Ver.3 広告掲載方式の指定とは?

スポンサードサーチ Ver.3になって登場した「広告掲載方式の指定」って
どういうことか、ヤフーリスティングに問い合わせました。

『広告掲載方式の指定』は上図のとおりに
キャンペーンの設定・編集画面に現れます。
「検索を含むすべての広告掲載方式」と「検索のみ」が選択できるようになっています。

「検索を含むすべての広告掲載方式」とは

ます、「検索のみ」というのは、お分かりですよね?
検索結果の画面のみからの集客のことで、従来と同じです。

「検索を含むすべての広告掲載方式」っていうのは、
検索結果以外にも広告掲載されるということになります。

一例を挙げましょう。
まず、Yahoo!のトップページを開いてみましょう。
そして、下図のように、左側にある Yahoo!サービスの「旅行・出張」をクリックします。

ヤフートラベルの画面になります。
画面中段に「キーワード検索」なるパーツが表示されていますね。
ここに表示されている 人気のワード 「温泉」をクリックしてみましょう。

今度は、画面右下に、赤枠のところを見てください。

出ました!「スポンサードサーチ」

検索結果画面以外のところにもスポンサードサーチの広告が出ています。

「検索を含むすべての広告掲載方式」に設定すると、
こういったところにも表示されますよってことですね。

すこしインタレストマッチっぽい掲載が
スポンサードサーチで行われるようになったってことですね。

PPCアフィリエイトにとって重要度は高いかどうかというと
大した問題ではありませんね。

広告費に敏感な人は、「検索のみ」にしておくのがいいでしょう。
僕としては、どちらでもいいかなと思っています。
ちなみに僕の場合は、「検索を含むすべての広告掲載方式」に設定しています。

About PPCバイブル遠藤

都内の不動産会社に勤務していたが、リーマン・ショック後の2009年3月に失業。そこから全くの未経験でアフィリエイトを始め、半年後には、サラリーマン時代の給与を越え、現在は、会社を経営するまでに至る。PPCアフィリエイトをはじめ、あらゆるアフィリエイト手法に精通し(特に、WordPressを使ったアフィリエイトサイトの展開が得意)、独自のビジネスモデルも開発・販売している。 一方で、アフィリエイターの育成・サポートも手掛けており、その数は500名以上ににのぼる。 |プロフィール詳細

これもチェック!

PPC広告 掲載不可の事例

PPCアフィリエイトで最近アフ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止 * (半角数字でお答え下さい)