ホーム / アフィリエイト / 時代の変化について

時代の変化について

時代の変化① 「依存」⇒「自立」

「いい大学に入って、いい会社に入って」なんて、
平成生まれのコも未だにこの感覚なんですよね。

これが、「昭和」なんですよ。
「いい大学に入って、いい会社に入って、老後は国に面倒見てもらう」

この依存の方程式はとっくに崩れてるんですよ。
大学のブランドに依存し、会社の組織に依存し、国のシステムに依存するっていう。

そんなことはわかってる!わかっちゃいるけどやめられない・・・。
でも親たちからは、昭和の方程式で成功することを求められている?

だから、みんな今四苦八苦してるんですよ。気付いてるんなら、さっさと脱皮しよう!

ブランド大学に入っても就職できない、大手企業に入ってもリストラされる、もしくは倒産する、年金はもらえないものっていうことを前提にして人生設計しないと、特に若い世代は充実した生活は送れないと思っておいた方がいいと思います。

「自分の身は自分で守る」が今の社会の原理原則です。

あなたは時代の変化にきちんと適応しようとしていますか??

平成の成功方程式

僕は30歳のおめでたい節目に、勤務先が倒産しました。
しかし失業後、わずか半年でサラリーマン時代の給料を超えました。

インターネットのおかげです。これこそ、平成の成功方程式の一つです。

たった一人の力で今では、ベテランの先輩方とチームで働いていた時と比べ、倍以上のお金を稼げるようになりました。

そして、満員電車に乗ることもなく、好きな時間に起きて、好きな時間に遊び、好きな時間に仕事をしています。
そして仕事をしていなくても、寝ている間、遊んでいる間も収入は発生しています。
ですから、不満も愚痴も余計なストレスもありません。

ただ唯一ストレスといいますか、1人暮らしなので人と話す機会がなくなり、寂しいと思うことがよくありますけど。
(おかげさまで今は、セミナー講師をしたり、コンサルティングをしたりして寂しいこともなくなりました♪)

平成の成功方程式(の1つ)

「ネットスキルを身に付けて、自分のネットビジネスを持ち、老後は自分のビジネスに面倒を見てもらう」

時代の変化③ 「専業」⇒「兼業」

大企業も副業を認めるようになりました。
つまり、会社では満足させる給料は払えない、リストラもあり得る。だから他に稼ぎ口を見つけるのも仕方ありませんと言っているんです。

OLが仕事を終えてクラブ・キャバクラで働いているように、近いうちに本業で精一杯なのに、さらにバイトもする兼業サラリーマンは普通になってくるんじゃないでしょうか?

今のうちにネットビジネスを副業にもっておけば、深夜バイトしなくて済むかもしれません。
本業に集中できる分、同僚よりも有利になるってこともありえますね。

時代の変化④ 「日本」⇒「世界」

日本国内では稼げないので、世界で稼ぐということです。
もう一つは、それに対応するために日本人よりも外国人を雇うようになるということ。

この流れは変えることはできないどころか、加速していますね。
日本人はダメ、世界人じゃないと企業で生きていけないなんてことになると、企業からすれば日本語しか話せない僕なんて完全にアウトな人材です。

でもネットビジネス(種類による)であれば、離せずとも翻訳ソフトがあるので、日本にいながら世界を相手に仕事はできます。(今海外展開はしていませんが)
外国に赴任せずとも、外国語を話せずともさほど問題にはなりません。

時代の変化⑤ がんばる「時間」⇒がんばる「場所」

あなたは頑張っていることでしょう。終電まで働き、休日も返上して働いていることでしょう。
その頑張りでもってしても一向に報われていないなら、一度考える必要があるかもしれません。
頑張っている「時間」ではなくて、その頑張りを注いでいる「場所」について。

昭和は、「時間的に」頑張れば、みんな「場所」問わず報われていました。
平成は、頑張る「場所」によって、報われ方に差が出てきました。

ですから、あなたの努力が報われるには、時間ではなく「場所」が重要なのです。

もし、努力する場所を間違えると、頑張れど頑張れど報われないってことになりかねません。

僕は、ある社長から教わりました。
「お金を稼ぐには、お金が回っているところに身を置かないとダメだよ」

数年前は、お金のまわっていない企業で、毎日、毎日馬車馬のように働いて、その結果、給料が上がるどころか失業しました。
今はその社長の教え通りに、お金のまわっているところ(=ネット市場)に身を置いて、それなりに頑張って、月100万円以上の収入を得て、悠々自適に暮らしています。

これが、現実です。あなたが頑張っている「場所」は努力が報われる場所ですか?

About PPCバイブル遠藤

都内の不動産会社に勤務していたが、リーマン・ショック後の2009年3月に失業。そこから全くの未経験でアフィリエイトを始め、半年後には、サラリーマン時代の給与を越え、現在は、会社を経営するまでに至る。PPCアフィリエイトをはじめ、あらゆるアフィリエイト手法に精通し(特に、WordPressを使ったアフィリエイトサイトの展開が得意)、独自のビジネスモデルも開発・販売している。 一方で、アフィリエイターの育成・サポートも手掛けており、その数は500名以上ににのぼる。 |プロフィール詳細

これもチェック!

Chrome OS と Linux (Arch Linux Arm)のデュアルブート

Chromebook Plus …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム防止 * (半角数字でお答え下さい)